就活と恋愛を両立させる3つのコツ!

By | 2015/02/28

 

こんにちは、数学のお兄さんです。

3月1日、就活サイトオープンとなる日ですね。別にこの日以前から就職活動を始めている人は多いと思いますので、特に今から始まる事は少ないかもしれませんが、人によっては明日から活動開始という人もいるかもしれません。

そんな中、僕から伝えられるものはないかと悩んだ結果、
このようなタイトルで記事を書く事にしました。

3つのコツはどの方にも当てはまるように書きましたが、それぞれの補足内容は「お互い就職活動している人向け」「自分が年上で先に就職活動している人向け」「自分が年下で後に就職活動している人向け」に書きましたので、特に自分に当てはまる項目だけでも読んでみてください。

 

 

1.お互いの将来へのイメージや就職活動の計画をはやめに共有しておこう

特に同じ時期に就活をする場合はこちらが重要になってきます。
もちろん、付き合っている中で自然と「将来について」語るカップルは多いと思いますが、カップルにおいて重要なのは「お互いがお互いの価値観を理解していること」です。

価値観といっても様々なテーマでの価値観はあり、「恋愛に対して」「将来に対して」「学業に対して」などなど。。。

その中で、「仕事に対しての価値観」を、この就職活動開始を皮切りに話すカップルが増えてきます。

そうなると、今まで見えてなかった価値観の違いに直面するはずです。
この価値観の違いは放っておいたら将来的にはお互い得をしません。また、就職活動が本格化して余裕がなくなってくると、小さな違いでイライラし合ってしまうという話も聞きます。

就職活動に追われる前に、お互いの事を、もし中々話しにくいのでしたらお酒でも交わしながら話し合ってみることをおすすめします。

 

定期的に連絡をとり、自分の現状をちゃんと相手に伝えよう

特に自分が年上で、相手より先に就職活動を始める場合にこちらは重要となります。
年下年上関係なく、付き合っている相手は貴重な存在です。
就職活動においても、自分の話を聞いてくれる存在として重要になってきます。

あなたが年上で、自分の考えている事や悩みを年下の相手に話すのはためらわれるという人もいるかもしれませんが、実はその悩みを話すことはお互いにとっても、そしてカップルとして長続きするためにも重要なことになってきます。

 

就活にの現状について話す事は、あなたにとっては自分を整理することに役立ちます。就職活動においては、物事をいかに整理して伝えられるか、という事も重要になってきます。整理するためには、人に話すという行為は大変有効な手段です。

相手にとっては、これからの将来を考える事に役立ちます。就職関係のサイトや、説明会などに行っても、生の声を聞く事はなかなかできません。そういったなか、生は声を聞けることは相手にとってもこれからを考える大事な材料になります。

コミュニケーションの無いカップルはいずれ終わりを迎えます。真剣な話題でコミュニケーションをとるということは、お互いの仲をさらに縮めるはずです。また、就活を知らない年下の相手からしたらこちらから連絡をとるのはどうしてもためらわれますので、大変かもしれませんが、自分のためだと思って自分から連絡をとることをおすすめします。

 

3.相手のアドバイスだけを鵜呑みにしない

特に自分が年下で、相手より後に就職活動をはじめた場合は注意して下さい。
大好きな相手からの一言一言は、あなたにかなり響くことでしょう。ESの書き方を聞いたり、面接の対策をしたり、そもそも就職活動のやり方を聞いたり…もともと年上の相手なので、頼りにしているでしょうし信頼をしているのでアドバイスをもらったら「ああ、そうなのかも。。。!」と信じきってしまい、それがあなたの迷いの原因になる事も少なくはありません。

あくまでも相手も「自分の経験してきた道」を参考にアドバイスしているだけ。あくまでも相手からのアドバイスは参考程度に、ほかの人からのアドバイスも受けて自分なりに答えを出して活動をしていくのがカップルとしてもあなた自身でも良い選択となるでしょう。

 

いかがでしたか。ぜひ、参考になる部分があったらご活用ください。

 

書いている人のプロフィール

数学のお兄さん

横山明日希(@asunokibou) 数学のお兄さん。理系、恋愛、WEBの3本柱でイベント開催やコラム執筆など。キーワードは「日常に科学を、人生にワクワクを」「世の中のミスマッチをなくす」「掛け合わせればナンバーワンになる」 詳細プロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です