数学×アート『数でこころ、動くんだ展』に遊びにいったよ

By | 2015/08/22

ふとTwitterで見かけたこのツイート

ちょっと面白そうだなーと思って遊びに行く事にしました。数学のお兄さんとしては、見に行かなければいけない…そう思い、足を運ぶ事にしました。

S__35086339

会場となっていた『アートラボはしもと(http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/bunka/23264/023268.html)』は、

周辺にある美術大学などと連携し、そこで学ぶ美大生や卒業生、子どもたちや地域の方々、商店街や企業、学校、研究機関、市民グループなどと協力し合いながら、さまざまなアート事業を展開する“アートの活動拠点”

だそうで、他にも様々な展示が今後も行われて行く模様。

中には4つのブースが設けられており、それぞれちょっと変わったコンセプトで展開されていました。一部写真撮影が不可でしたので、公式アカウントのツイートから引用させて頂きます。

こちらは『数と生活』というコンセプトで”生活にある数”をモチーフとした製品デザインの作品が展示されてました。

『愛の数』と題されたブースでは、実際にアンケートデータを元にした展示が。今巷で流行のインフォグラフィックスを使って視覚的な訴えを強くした作品たち。

 

S__35086340

S__35086341
個人的にはこちらの、「一番長かった片思い期間はどのくらい?」の最長期間を日めくりカレンダー形式にしたものがお気に入り。

『ハイパーインタラクティブナンバーランド』と題されたブースへ。こちらはその名の通りナンバーをハイパーインタラクティブできるランドです。噛み砕くと数字を触れて体感できるブースです。

S__35086343
各数的データを天秤のように体感できるものや、

S__35086342
こちらは、子供の教育費にかかるお金を赤ちゃんの重さに見立てたもの。

 

そしてこちら。世界一の資産家の収入の5分間換算した分のお金がつり下げられたソファー。

S__35086345

座ってみるとこんなかんじ。

S__35086346
ほう。なかなかこれは…

最後のブースは『ますますTV』という、算数が大好きな”ますます先生”という方が作られた映像作品。残念ながら写真撮影NGかつ、公式アカウントにも写真が無かったのでこちパンフレットの紹介文を。

S__35094530

 

こんなかんじで様々な形で『数』を取り扱ったこの展示会、何と8月23日まで開催だそうです!(執筆時が22日なので明日までですね。笑)

普段あまり意識しないだけで”数”は日常に溢れていて、その”数”に注目する事でまた様々な事が見えてくるのかもしれませんね。これからもこういった”数”をテーマにした作品が広がってくるかもしれません。

僕自身もこんな感じで数をテーマにしたバッジを作ってますしね(宣伝)。笑

4a1a94dadb26d4ea9bb4a6e9f46a13227cfefbed (1)
minnneという通販サイトでこちらのバッジは販売中です。詳細は↑の画像をクリック。

 

それでは、このあたりで。

 

(おまけ)

S__35086347
展示会の時計。12時で停止してました。これもアートの一部なのでしょう。

書いている人のプロフィール

数学のお兄さん

横山明日希(@asunokibou) 数学のお兄さん。理系、恋愛、WEBの3本柱でイベント開催やコラム執筆など。キーワードは「日常に科学を、人生にワクワクを」「世の中のミスマッチをなくす」「掛け合わせればナンバーワンになる」 詳細プロフィールはこちら